ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

数年間使う予定は無いけど元本割れは避けたいお金の対処法

time 2018/12/15

数年間使う予定は無いけど元本割れは避けたいお金の対処法

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回は数年間使う予定は無いけど元本割れは避けたいお金の対処法について書きたいと思います。

現在私は、数年後に借金返済(車のローン返済)のためのお金として、半期に一度もらうボーナスから何割かを取っています。

しかしそのまま普通預金口座に預けっぱなしにしておくのも主に金利面で非常に勿体無いので、少しでも増やしたいと考えたことです。

人それぞれ状況は異なるとは思いますが私が考えたこと、そして実践したことを記録した雑記になります。

目次【本記事の内容】

sponsored link

いろいろな商品を検討した結果円定期預金が意外と悪くなかった

まず定期預金は金利が低すぎるから使うことは無いと当初は思っていました。

そして元本割れは避けたいとなると、株式投資は除外されるなと考えました。

そこで債券投資を考えました。

しかし現在の超低金利時代では債券投資は懸命な判断では無いと思いました。

よく債券は金利が低い時に購入するのは、株式をバブルの絶頂で買うのと同じ行為と言われるからです。

そしてもう一度定期預金に立ち返ってみると、ネット銀行で年0.1%以上の金利を提示するところが幾つかあることが分かりました。

一方債券投資は低リスクなものになると年0.1%程度と定期預金とそれほど変わらないリターンになることに気が付きました。

しかも定期預金は運用期間を比較的自由に選択できるのに対し、債券では満期まで短いものでも1年、大抵2年以上のものが多いです。

更に定期預金はいつでも申し込めるのに対し、債券ではいい商品がいつでもあるとは限りません。

それらをまとめた結果定期預金が意外と悪くないということを再認識しました。

銀行の比較をした結果住信SBIネット銀行にたどり着く

次に定期預金で年利0.1%以上を提示している銀行を探しました。

調べていると、ネット銀行の定期預金は高金利キャンペーンをやっていることが多いということです。

そんな中で6ヶ月・1年円定期預金で年0.2%の数字が目にとまりました。

そのキャンペーンを行っている銀行が住信SBIネット銀行です。
https://www.netbk.co.jp/

住信SBIネット銀行は期間限定で円定期預金金利が良くなる

住信SBIネット銀行の円定期預金では、2018年12月現在の通常の金利ですと預ける期間によらず個人は年0.02%です。

しかし、毎年7月と12月のボーナスが出る時期は特別金利キャンペーンということで高い金利が適用できる期間があります。

今年も2018年12月10日~2019年3月3日でキャンペーンを行っています。

https://contents.netbk.co.jp/cp/enteiki/index_181210.html?_ga=2.45325025.459538841.1544776766-518723647.1530796951

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は数年間使う予定は無いけど元本割れは避けたいお金の対処法について記載してみました。

本ブログでは貯蓄はするなと散々言ってきてるにも関わらず円定期預金を紹介することになりましたが、生活防衛資金や数年後の借金返済等でいずれ消える予定のお金だったりする、いわゆる元本割れを起こしたくない流動性の高いお金に関しては最適解という結果になりました。

また円定期預金もネット銀行を中心にキャンペーン等で金利が高くなるチャンスもありますので、そういったタイミングを狙って円定期預金で”運用”することも考えてみてはいかがでしょうか。

少しでも参考になることがあれば幸いです。

それでは砂嵐でした、ハブアナイスデイ。

———-
質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
Twitterでのリプライでも大歓迎です。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。