ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

お金を効率良く増やすための考え方

time 2019/02/23

お金を効率良く増やすための考え方

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回はPDCAサイクルでお金を効率良く増やそうについて書きたいと思います。

様々な場面でよく聞きすぎて耳にタコができるぐらいのPDCAという言葉ですが、勿論資産運用においてもその効果は絶大です。

sponsored link

はじめに

皆さん誰しもがお金持ちになりたいと思っていますよね?私もそうです。

しかしながら、お金を増やすのに手っ取り早い即効性のある方法は皆無です。

ですが、効率良く学習しながら最短でお金を増やす方法は確かに存在しています。

少額でも時間を味方につけてお金をじっくりと増やすという方法ですね、投資の王道です。

しかし時間というのは限られた貴重な資源です、この資源を浪費しないためにも、投資投機パフォーマンスを最大化しないといけないというのは少し考えてみれば分かることだと思います。

そこで私が実践している投資投機パフォーマンスを最大化する方法について記載していこうと思います。

王道的方法

成功者の手法を模倣する

ビジネスの世界でもそうですが、既に先駆者の成功者の手法を模倣することが最も手っ取り早い手法です。

私もFX取引を始めた時は、インターネット上の様々なサイトで勉強し、そして様々な取引スタイルを覚えていきました。

そして良さそうな手法を模倣することにしました。

当然ですが開始当初から利益を出すことができました。

勿論裏返しでイマイチだなぁと思ったことも相当ありましたが、

実践しながら学習する

成功者の手法をそのまま模倣して運用していれば、最初のうちは成功する確率が高いです。

ですが継続して成功するかというと難しいです。

自分と成功者のトレード環境が当然違うからです。

そこで生まれてくる様々な問題をピックアップしていきましょう。

そして自分の環境に合わせてどのようにすれば最適化できるのか、ローカライズを考えていきましょう。

自分の場合、リピートFXを始めた時は、参考元環境が大金を運用していたのに対し、私の環境は少額でした。

なので注文設定内容やリスク管理等は自分の環境に合わせて変更するようにして最適化を図っています。

現在の最適化が吉なのか凶なのかはこれから長い期間運用してみて実際に確かめている最中です。

実践した内容を記録して発信する

ローカライズして自分のオリジナルの手法が見つかったら、その過程についてすべて記録していきます。

これは振り返りを容易にするだけでなく、更に深く考えて新たな問題点を整理しやすくするためです。

そして改善案も含めてすべて何かしらの手段で記録しましょう。

できればブログという形で発信する方が、他の人からアドバイスを貰える可能性も出てきますので、より良い改善案を見つけることができるかもしれません。

またゆくゆくは自分が改良していった手法が他の誰かに役に立つ日が絶対に来るはずです。

自分の場合2019年度よりリピートFXの収支報告を毎週書くようにしました。

これは自分の取引成果の確認およびその時のトレード環境の記録を兼ねています。

また将来新たにリピートFXを始めようと思った人の参考にもなればと思って記事を更新し続けています。

そんな思いもありますので、是非毎週リピートFXの収支報告を見ていただけると嬉しいですw

そしてアドバイス等があればコメント欄や私のTwitterアカウントに直接リプライを飛ばして頂けるとなお嬉しいです。

おわりに

いかがだったでしょうか?今回はPDCAサイクルでお金を効率良く増やそうについて記載してみました。

成功する王道的方法はPDCAサイクルそのものです。

Planの段階で成功者の方法をそのまま模倣する、Doで実践してみて問題点を記録する、Checkで記録を振り返って改善点を見つける、Actionで次なる手を打つ

少しでも参考になることがあれば幸いです。

それでは砂嵐でした、ハブアナイスデイ。

———-
質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
Twitterでのリプライでも大歓迎です。

sponsored link

down

コメントする




最近のコメント

    

    sponsored link

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。