ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

【FX】リピート注文を手動でやってるけど実際どうなの?

time 2018/12/17

【FX】リピート注文を手動でやってるけど実際どうなの?

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回はFXのリピート注文を手動でやってるけど実際どうなの?について書きたいと思います。

現在私は様々な事情からFXのリピート注文を手動で行っています。

手間は少しかかっていますが、実はそれほど負担を感じてはいません。

そんなわけで手動でやっている理由と実際行っていることをまとめました。
【関連ページ】

FXでお金を溶かさない戦術の立て方

sponsored link

はじめに

自動リピート注文ができるFX会社は複数ある

現在私が手動で行っているリピート系注文を自動で行えるサービスを提供しているFX会社を2社紹介します。

マネースクエア:トラリピ

https://www.m2j.co.jp/

リピート系注文の自動売買で特許も取得しているこの手法の草分け的存在のところです。

初心者にもわかりやすくて使いやすいツールを提供しているということなので、新規にリピート系注文FXを始めるならここで口座を開くのが堅いです。

私もいずれはここに口座を開いて手動作業から卒業しようと考えてます。

アイネット証券:ループイフダン

https://inet-sec.co.jp/

マネースクエアのトラリピよりも取引コストが安く、また注文も柔軟に行えるという点が魅力です。

今後のサービス展開によってはこっちで口座を開いて手動作業から卒業することも検討しています。

現在利用しているFX会社

では私が現在手動でリピート系注文をおこなっているFX会社を紹介します。

SBI FXトレード

https://www.sbifxt.co.jp/

なおFXをはじめた当初はリピート系注文では無く、外貨預金感覚で行える積立FXサービスを使うつもりで口座を開設した経緯があります。

しかしその後今のリピート系注文の方がより利益を効率よく出せるという結論に至りましたのでそのまま転用した形になります。

ですがこれ意外にも後述するところでメリットがあるため利用しています。

わざわざ手動でやっている理由

最小取引単位的な問題

FXを始めた時手元に用意できた資金は50万円でした。

マネースクエアのトラリピでもまぁ現実的に運用できる額ですが、いろいろと試算している時に最小取引単位の制約が意外と大きいなぁと感じたからです。

最小取引単位という通貨をやり取りするにあたっての最小ロット単位が決められてるんですが、大抵のFX会社では10,000通貨なんですよね。

少額取引に対応していると言っても1,000通貨のところが多いです。

そんななかSBI FXでは最小取引単位がなんと1通貨なのです。

例えばUSD/JPYの取引を行うときに普通は1000ドルずつしか持てないのがSBI FXだと1ドルから持てるということなんですね。

リピート注文で様々な試算を行うときに500通貨単位も考えていましたので、最小通貨単位の制約が実質無い点が手動のデメリットを上回ったメリットの1つです。

タイミング的な問題

FXを始めた当初リピート系注文の存在そのものを知りませんでした。

資産運用的にFXを始めるなら積立FXが一番良いだろうと信じて疑ってなかったからです。

それでそのサービスを提供しているのがSBI FXトレードだったので、そこで最初のFX口座を開設した形になったんですよね。

後日リピート系注文の手法を知ることになったとき、すぐにこれができるマネースクエアに口座を開こうと思いましたが、個人情報の管理云々で新規開設が不可能でした。

なので仕方なく今のSBI FXトレードで手動でやってみるか…という経緯があります。

現在はマネースクエアで新規に口座が開けるため、新規に始めるなら素直にマネースクエアを利用した方が良いです。

手動取引で行っていること

実際手間がかかっていますが手動取引で私が行っていることを紹介します。

スプレッドシートに注文日と決済日を記録

注文を仕掛けたレートと一緒に注文を出した日とそれが決済された日をスプレッドシートに記録しています。

スプレッドシートは何でもいいですが、私は様々な端末に共有できてクラウドに保存できるgoogleスプレッドシートを利用しています。

朝昼晩と3回携帯アプリを開いて注文実施

実際のところ約定回数は1日に多くても5回ぐらいです。

朝昼晩と3回FXのトレード口座を開いて注文を出し直すだけで十分間に合っている印象です。

ここが手動でもやっていけてるポイントかなぁと思っています。

まとめ

=====〈広告欄〉=====
■Amazon
https://amzn.to/3ICfFAg
■楽天

上記URLおよびバナー画像を介して買い物をして頂きますと、私の懐に一定割合のキックバックが入ります。
しかし悩ましいのは、協力頂いた皆さんには何の見返りもないということです。
せめて皆さんから頂いた額を見て、閲覧者様への感謝の気持ちを忘れないようにします。
===============
いかがだったでしょうか?

今回はFXのリピート注文を手動でやってるけど実際どうなの?について記載してみました。

身も蓋もないですが実際のところ手間を極限までかけたくない、ほったらかしにしたいのであれば自動系のサービスがある会社で口座を開いてリピート注文をするのがオススメです。

しかし自動系ですとその分取引手数料が多めに取られるというデメリットも存在しています。

手動で自分がかける時間と取引手数料と手間なしを天秤にかけてどっちを選択するかになると思います。

少しでも参考になることがあれば幸いです。

この記事に関する質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
またこの記事が役に立った、面白かったと思ったら”シェア”で拡散をよろしくお願いします。

それでは砂嵐でした、また次の記事でお会いしましょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。