ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

【FX】フラッシュ・クラッシュに見事にやられました

time 2019/01/03

【FX】フラッシュ・クラッシュに見事にやられました

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回はフラッシュ・クラッシュに見事にやられましたので一筆書きたいと思います。

【合わせてお読みください】

【FX】リピート系注文のリスク管理ポイント

sponsored link

2019年1月3日の事件

正月3が日でまったりムードの中、早朝に事件が発生しました。

前日(1月2日)に米Apple社の利益減速予想を発端とし、日本の薄商いの状況を狙われた突然の円高に見舞われました。

ドル円が数分で暴落するフラッシュ・クラッシュが発生、一時104円台に到達しました。

ちなみに砂嵐もリアルタイムでチャートを眺めておりまして、”なんじゃこりゃぁぁぁ”ってリアルに叫びましたね。

なんせスマホの画面でいきなりこんなチャートを描かれたら誰しもがビックリすると思います。

ブログ・SNS上やYouTubeで次々とロスカット(ポジションの強制決済)されたという悲しみの報告が上がりました。

そんな中砂嵐はどうなったのかというと、次の記事になります。

見事にやりました

砂嵐も例に漏れず見事にロスカットを食らいました…とはならないんですよねヘ(゚∀゚ヘ)

砂嵐の場合ドル円ですと、107円以上の円安領域ならば売りポジションを取る設定にしていましたので、今回のフラッシュクラッシュではマイナスどころか約定を知らせるメールがどんどん入ってきました。

詳しい設定内容は以下リンクの記事を参照してください。

【FX】リピート系注文の注文設定内容を公開します

しかし相場が急速に動きすぎたためにIFD注文が間に合わずに成立してなかったり、また思った値段とは違うポジションで約定していたりと結構無茶苦茶でした。

そんな状況でしたが1月3日だけで最終的には以下のスクリーンショット画像に載っている額の利益を上げることができました。

約8000円です、通常1ヶ月分利益の2/3を1日で稼ぎ出すことに成功しました。

やっぱりコツコツとセコく少額の利益を得る手法でも当たればそこそこ儲かるのです。

FXをやるうえで大事なこと

FXをやるうえで一番大事なことは”相場に居続けること“だと言われています。

つまり持続可能な手法と適切なリスクコントロールが行うことが大切なんですよね。

砂嵐のようなちまちまと小銭を稼ぐセコい手法はともかく、今回のような暴落でもちゃんと生き残っていることの方が重要です。

今回のフラッシュ・クラッシュ事件でロスカットされて退場を余儀なくされた多くのプレーヤーは、気が付かないうちにハイレバレッジ状態になり、ドル円でたった4円の変動ですら耐えられない状況で取引を行っていたということになります。

厳しいこと言いますが、今回のフラッシュ・クラッシュが起きて無いとしてもそういったプレーヤーは早晩退場することになるでしょうねぇという感想しか出てきません。

2018年度は変動額が少なくて例外の年だったこともありますが、ドル円の場合ですと年間変動額って10円以上あるものです。

つまり今持ってるポジションから10円変動したとしてもロスカットされないかどうかぐらいは確認して当然なんですよね。

それすら理解が怪しい場合は、無責任に聞こえるかもしれませんがFXは辞めておいた方が懸命です。

おわりに

いかがだったでしょうか?今回はフラッシュ・クラッシュに見事にやられましたについて記載してみました。

今回の暴落で実際に資金を溶かしてしまった人も中には居るかもしれません。

それを教訓にして次の暴落が来ても耐えられるような対策を打てるようにしていきたいですね。

少しでも参考になることがあれば幸いです。

この記事に関する質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
またこの記事が役に立った、面白かったと思ったら”シェア”で拡散をよろしくお願いします。

=====〈広告欄〉=====
■Amazon
https://amzn.to/3ICfFAg
■楽天

上記URLおよびバナー画像を介して買い物をして頂きますと、私の懐に一定割合のキックバックが入ります。
しかし悩ましいのは、協力頂いた皆さんには何の見返りもないということです。
せめて皆さんから頂いた額を見て、閲覧者様への感謝の気持ちを忘れないようにします。
===============

それでは砂嵐でした、また次の記事でお会いしましょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。