ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

FXでお金を溶かさない戦術の立て方

time 2018/12/06

FXでお金を溶かさない戦術の立て方

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回はFXでお金を溶かさない戦術の立て方について書きたいと思います。

社会人1年目の収入先取りで作った50万円を元手に2018年1月からFXに本格的にチャレンジしています。

リスクを取ってでもお金を増やしたいと思い立ってから考えたこと、また現在進行系で行っていることを紹介しようと思います。

厳密にはFXって副業ではなく投資(投機)の領域なのですが、完全ほったらかしでは無く毎日何かしらの作業が発生している点で副業の域なのかもという考えです。

sponsored link

なんでFXを選んだの?

最大の理由がレバレッジを効かせて少額の資金でも大きなリターンが得られる方法だったからです。(2018年現在だと最大25倍までレバレッジをかけることができます)

元手が50万円ということもあり、株式投資を行うには全然足りない額だと考えました。

なお、自分がFXを始める2017年年末は仮想通貨投資のブーム真っ只中でしたが、手を出すと痛い目にあいそうな気がしてたのでスルーしました。

個人的にはスルーしておいて正解だったかなぁと思います。

戦術1:積立

FXを始めてまず短期売買は怖いから長期でじっくり行きたいと考えました。

そこでその戦法に合うのがスワップポイントを受け取るということでした。

スワップポイントとは2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことをいいます。

ざっくり説明すると、日本よりも金利の高い国の通貨を買うと、日々2国間の金利差の差額を金利の高い国の通貨の保有数に比例して貰えるというものです。

まぁイメージとしては完全に外貨預金なのですが、FXでやると手数料が圧倒的に安いです。

戦術2:リピート系FX

私がやっているリピート系FXは次の通りです。

ある値幅範囲内に、一定間隔でIFD注文を行い、決済されたらまた同じ注文を無限に繰り返す。

感情に左右されず、ただ決められたルールの中で機械的に注文を行うというシンプルなものです。

なおリピート系FXの詳細は以下の記事も参考になります。

【初心者】FXでリピート系手法が最良な理由

結局なんでリピート系注文に落ち着いたの?

いろいろと勉強を進めるうちに、為替の本質みたいなものに辿りつきました。

結局為替市場って2国間の通貨のパワーバランスだから、どちらかの国が無くならない限りレートのどこかにバランス中心があり、その上下のある程度の間隔を行ったり来たりするの繰り返しだよね?
あとこれを先進国同士の通貨の組み合わせでやるのが最適解だよな。
あくまで自論ですけどね。

それとスワップポイントを狙うよりも為替差益を狙う方がはるかに利益が大きいというのもリピート系FXへ舵取ることになりました。

なおリピート系FXは、既に完全自動化されたサービスを提供している会社が複数社存在しています。

何よりもラクなので、これからFXをやろうと考えている方は自動リピート系FXを検討されると良いかと思います。

なお私は様々な事情により手動でリピート系FXをやっていますが、特に負担に感じることは無いです。

なぜ手動でやっているのかは以下の記事にまとめていますのでご参照ください。

【FX】リピート注文を手動でやってるけど実際どうなの?

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はFXでお金を溶かさない戦術の立て方について記載してみました。

少しでも参考になることがあれば幸いです。

この記事に関する質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
またこの記事が役に立った、面白かったと思ったら”シェア”で拡散をよろしくお願いします。

=====〈広告欄〉=====
■Amazon
https://amzn.to/3ICfFAg
■楽天

上記URLおよびバナー画像を介して買い物をして頂きますと、私の懐に一定割合のキックバックが入ります。
しかし悩ましいのは、協力頂いた皆さんには何の見返りもないということです。
せめて皆さんから頂いた額を見て、閲覧者様への感謝の気持ちを忘れないようにします。
===============

それでは砂嵐でした、また次の記事でお会いしましょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。