ギャンブルにしないFX活用術

メインコンテンツは"FX(リピート注文系)を含む投機"および"投資"になりますが、"内向型"な性格で、"下戸"な体質の、冬になれば"スキー"で雪山に出かけ、"パソコン"をこよなく愛する、特技は"ピアノ演奏"、な雑食系ブロガーの記録です。

【FX】リピート系注文の本質

time 2018/12/18

【FX】リピート系注文の本質

おはようございます、砂嵐です。
不労所得体制を1日でも早く構築して自由な時間を取り戻したいものです。

今回はリピート系注文の本質について書きたいと思います。

本ブログで推奨しているFXのリピート系注文手法ですが、本質的にどうなのかが今回のテーマです。

【関連ページ】

【初心者】FXでリピート系手法が最良な理由

sponsored link

ベースはスイングトレード

リピート系注文でやっていることは数あるFXの取引スタイルで言うところのスイングトレードになります。

ちなみにほかのトレードスタイルとしては

スキャルピングトレード:数秒~数分で取引を完結するスタイル

デイトレード:数分~数時間で取引を完結するスタイル

長期トレード:数ヶ月以上に亘って主にスワップポイントの受け取りを目的としたポジションを取るスタイル

スイングトレードとは

数日~数週間の少し長めのスパンで1回あたり100pips~500pipsぐらいの利益を得る取引スタイルのことを言います。
(pips:為替レートが動くときの最小単位)

イメージとしては日足のトレンドの波を見て、上昇を狙ったロングポジションや逆に下落を狙ったショートポジションで利益を取る格好です。

またサラリーマンといったような長時間チャートに張り付く時間がなかなか取れない人にはうってつけの取引スタイルになります。

1点集中では無く数撃ちゃ当たる戦法

スイングトレードを始めてまずぶち当たることが、

今は上昇局面なのか下降局面なのかが分からないから下手に注文できない

病気です。

しかしどんなに優れたチャート分析ツールがあったとしても、結局のところ良いタイミングなんて誰にも分からないものです。

その点リピート系注文では、分からないから機械的にいっぱい注文出しておこうという方針ですので、注文を出す心理的ハードルは下がると私は考えています。

また比較的広い幅に注文を出すことになるので、もはやタイミングは関係無くなったりします。

必然的に複雑な分析を行う必要が無くなってきます。

メンタルに優しい

結局のところよく取られるFXの取引スタイルでは1点集中で利益を積み重ねようとするから、失敗した時のショックも大きくなります。

その点リピート注文のように分散して注文を出しておけば、確かに1回あたりの利益は小さくなりますが損失も相応に小さくなります。

結果受けるショックも和らげることができます。

リピート系注文は最初の設定さえしっかりしておけば、感情に左右されることなく機械的に淡々と注文を出せるようにできるツールに化けます。

自動取引サービスを提供する会社が複数現れているのもその証拠です。

サラリーマンのように副業(投資)的に行うのであれば、感情に左右されて本業に支障が出るようでは本末転倒です。

そういった点ではリピート系注文はメンタルに優しいFXだと私は思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?今回はリピート系注文の本質について記載してみました。

要約すると以下の3点です。
・ベースはスイングトレード
・良いタイミングが来るまで注文できない病の解消
・メンタルに優しい

少しでも参考になることがあれば幸いです。

この記事に関する質問や感想、意見等があれば下のコメント欄へぜひ投稿してください。
またこの記事が役に立った、面白かったと思ったら”シェア”で拡散をよろしくお願いします。

=====〈広告欄〉=====
■Amazon
https://amzn.to/3ICfFAg
■楽天

上記URLおよびバナー画像を介して買い物をして頂きますと、私の懐に一定割合のキックバックが入ります。
しかし悩ましいのは、協力頂いた皆さんには何の見返りもないということです。
せめて皆さんから頂いた額を見て、閲覧者様への感謝の気持ちを忘れないようにします。
===============

それでは砂嵐でした、また次の記事でお会いしましょう。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。